ねがぽじ

ブランド: Active
いたたたたっ
胃に穴があくというか、息苦しいというか、胸のずっと奥が痛いというか。自分でもふと阿保なんじゃないかと思ったが、どうもこういうのが本格的に苦手な体質らしい。好きなのに。
パケ絵で受ける印象とは正反対の内容です。パケは 323 絵なのに中身は原哲夫だったというような。違うか。
タイトル通り(なのか?)ネガとポジの二点責めがかなり鬱にしてくれます。まひるの底抜けの明るさ(+基本的な土台がコメディタッチ)と周囲を取り巻く状況の対比が決まりすぎ。逆に位置するもの同士を対比させてそれらを際だたせるというお決まりの手法だけにぐぃぐぃと刺さりました。鬱ゲーとしてはかなり上かも。
もちろん安易なハッピーエンド、お気楽エンドなぞ無し。比較的マシなのはあるけど……ぅーん。
絵とテンポの良いテキストとまひるの明るさが唯一の救い。掛け合いで笑ったのは久しぶりだわ。

コメントを残す