みずいろ

ブランド: ねこねこソフト
しょんぼりしょぼ~んで雪希エンド。日和シナリオに無かったキャラの横の繋がりが出てきてやっと「普通」というものを実感。やはりこちらの方が(掛け合いで味の出る)日和のキャラクタがよく出ているのではないかと(となるとやっぱり日和シナリオはラストに回すべきだったのだろうか。ルート決定パートの最初の選択肢だけで決められてしまったから回避のしようが無いんだけど)
雪希シナリオも部分部分で (・∀・)ィィ! 箇所はあるけど萌ゑキャラとしてはちょいと弱めに思いました。後半部の展開は好きだったのになぁ。雪希視点のシーンがもっと多ければ萌ゑていたかもしれないだけに惜しい。
世間では悶えるぐらいに萌ゑてる人がいるだけに何となく疎外感を感じる(例えネタでも)。キャラの名前を思い出すのに一瞬の時間を要してしまうのは多分、萌ゑていないということなんだろうな。(・∀・)ィィ! とは思ってもそこからそれ以上に昇華できない。私はどうもキャラの絡みで萌えるタチだから複数キャラ間の繋がりが重視されていないこのタイプだと上手く萌ゑられないんだろう。
萌ゑはなくとも、今のところは正に「普通」な作品。しつこいぐらいに強調していた「ギャルゲー世界においての普通」ってのには皮肉的な意味合いを込めてたんじゃないかと邪推したくなるぐらいの「普通」っぷり。妹が突然 12 人湧いてくるとか、全国各地に散らばった転校先の同級生から無言電話を貰うとか、奇跡で全てのオチがついてしまうとか、メイドロボが学校に来るとかは無いけどやっぱり「普通」と表現されてしまうような。

コメントを残す