雑記

虎でさくらの唄を流し読みしていたら突然、左後ろより声が。
「なにそれ?」
連れなんていないから他の誰かに向けたもんだと思った私は当然無視。が、左後ろより手を伸ばしてきたそいつは私が開いていた本を無理矢理閉じさせて表紙を覗きこみ、
「しらんなぁ……」
それはこっちの台詞。あんた誰?
純粋なキティ、もとい人違いか、ヲタ特有の人類皆兄弟主義者(微妙にジャイアニズム混入)なのか解りませんが、どっちにしてもちょっといやーんな感じ(買う前に立ち読みだか流し読みしてる私も十分失礼ではあるが)。それともこれってよくあること?
あ、オチが無い。

コメントを残す