雑記

結局のところ、HTML の見てくれなんぞは CSS で自由にできてしまうのであとはどう要素分けするかというとこに行き着いてしまうわけです。しかし、定型的な論文ではない一般的なウェブページの場合はそう都合よくそのものずばりな要素はありません。既存の要素で論理的に近そうなのを取捨選択しつつ一定の論理構造を構築するという、ある意味無謀というかそこまでして何が楽しいんだ的な作業となります。熱中するとそこに、メニューのような列挙される要素はリスト要素としてマークアップしろだとか (menu 要素は既に非推奨要素なので ul 要素) 区切り記号(# 、| 、/ 等)は見栄えの為の装飾なのだから HTML 中に記述するのは好ましくないだのとかいう理屈が混ざり始めたりします。
自己満足と自己顕示欲の現れと言われても、私はそんな W3C 信者萌え~なんです。他に満足して顕示する箇所が無いだけとも言うか。
つーことで少しでも敬虔な W3C 信者に近づけるよう、色々と書き直しましたというお話でした。オチ無し。

コメントを残す