21 – Two One –

ブランド: BasiL
美魚エンドと真魚エンドを見ました。
えぇっっと。殺人事件の犯人とか謎とか推理とかほったらかしなのはルートを間違えたからなのでしょうか。構成とか作風とか言う前に、根本的にこれはいわゆる推理モノとは全く違うものなのではないでしょうか。主人公は踊らされるだけで推理も何もしていないのではないでしょうか。肝心のネタがあまりに唐突的で突発的、伏線を張るわけでも無さそうなのに持ってくる意味はあるのでしょうか。
こんなとこです。今んとこは。
個別に設定する各登場人物の信頼度は結構ダイレクトに響くようです。そういう発想自体は嫌いではありませんが、設定するタイミングが解りにくい(自由度が高いとも言うが)ので不親切な印象も受けます。チャート表示もあまり役に立ってません。
ところでこれ、姉妹丼あるんですか?

コメントを残す