雑記

祖父で偶然見つけた IO の NIC を買ってきました。値段的にまた Realtek チップを使ったやつかと思いましたが意外にも VIA VT6102 + LSI 80225 という構成でした。
これでやっと PCI の差し位置で認識されなくなったり突然通信できなくなったりする滅る子のドキュソ NIC を捨てられます。いくら安くても滅る子製品だけは買っちゃだめですね。
で、久々にケースを開けてみると、CPU クーラーの吸気側がケーブル類で殆ど塞がれていました。空気の流れ悪すぎです。でも電源ケーブルはともかく、FDD や IDE のフラットケーブルはコネクタ位置の関係でどうしようもないような。
ケースを開けただけで CPU の温度が 12 度も下がるのは発熱と排熱のバランスが全くあっていないという事でもあるのでしょう。発熱源といっても、5400 rpm HDD * 2 、CD-RW、DVD という極めて一般的なものしかないのに。 ケースファン一つじゃ足りんのか。

コメントを残す