雑記

祖父林の審査、特にグラフィックに関してはメーカーが作品中過激だと思われるものを数枚チョイスして提出しとく、とかなんとか業界紙 (当然祖父林寄り) に書いてたのを読んだ記憶があります。開発期間とか考えるとそんなもんでしょう。
審査料取って祖父林シール売ってるとはいえ、最終的にはメーカーの製品管理能力の問題に帰着してしまうのでは。と結んでしまうと祖父林の存在理由って何…?になってしまうか。

コメントを残す