灰被り姫の憂鬱

ブランド: MBS TRUTH
残りの茉莉、翠璃、江頭、摩耶、舞子、亜里紗エンドで一通り終わった……はず。CG はまだ少し残ってるけど。
どのキャラから初めても良いように情報量と伏線の量が上手く加減されているのは良い感じです。ただ残念なのはそれらを全て完全に収束し完結させるシナリオが用意されていないこと。これでは点と点が点線で繋がっただけという感触です。こうした特殊な世界観はその特殊性こそが魅力とはいえ、根本的な世界観設定に関する説明が曖昧なままというのはちょっと消化不良を感じてしまいます。
各シナリオ自体は愛憎まみれだったりしてて結構気に入りました。エンドは救いのないものもあれば抽象的な伏線貼り逃げ、多少マシなのもあり。

コメントを残す