雑記

久々に個人計算機倶楽部デザイン評価を見てみたら長らく不在だった 9.6 ~ 10.0 クラスに遂に入ったサイトがありました。9.6 という微妙な評価とはいえ Piro さんのoutsider reflex でさえ 9.5 なので +0.1 というのはどんなもんかと。
残念ながら既に評価時のデザインではなくなってしまったらしく、緑地にちっこい黒字という目に優しいのか読みにくいだけなのかな配色になってしまってました。デザインは確かに奇抜でも不思議系でもなく、ごくシンプルに纏められるとは思います (恐らく、評価時のデザインも似た系統なのでしょう) 。が、特に他より秀でて凄いとも思えないのも事実なわけで。
減点法で減点箇所が少なければ点数が高いのは当たり前です。しかし評価方法の項目には次のように書かれています。

これでは、10点満点は無理じゃないかと言われるかもしれませんが、9.5点からのプラス0.5点は、ずば抜けたデザインセンスが感じられたり、他では見たことのないような工夫がされていたり、とにかくすごいと感じられるデザインをされているサイトに付けたいと思っています。

ずば抜けたデザインセンス他では見たことのないような工夫とにかくすごいと感じられるデザイン ねぇ…… ここまで言うからには余程凄いモノを期待していたのですが。

フォントサイズもレイアウトバランスも適切で見やすく、解像度耐性は640pxをクリアされているので評価は高いです。

たとえ (貴方の閲覧環境で) 適切であっても、本文のフォントサイズを絶対値指定してユーザビリティを損ねている時点でドキュソだと思ってしまうのは私が W3C 信者だからなんでしょうか (そういうのを気を付けてる人がデザイン変更後に敢えて絶対値指定にする理由が思い浮かばないので評価時も恐らく絶対値指定だったのではないかと予想) 。

コメントを残す