Coda

ブランド: Over
春香エンド四つ。
ああ、やっぱりこれ陵辱ルートの方が面白いわ。表ルートがそれほど面白くないのも相まって。
表の基本的な流れは素直になれない後輩どもの恋愛成就を手伝ってやるうちに意中の彼女とも以下略というもの。ベタすぎて古くささを感じてしまい楽しめず。しかも一年前に死んだ彼女との向き合い方がどうにも希薄で修羅場とかどろどろしたのが無いのも残念です。
かと言って陵辱ルートの方も肝心の陵辱シーンがそれほど萌えなかったのでちょっと弱いか。このルートでもエンドはハッピー / バッドと二種用意されており、ハッピーの方はかなり救いの無さげなものが用意されてるようでいい感じです。これは期待通り。
やはりこのチームのシナリオは救いようのない場所へ平然と追い込んでしまうところに面白さがあると思われ。一作目の「Blow」の真ヒロインなんて虐めから自分を救ってくれなかった片思いの主人公を怨みながら自殺 (主人公に自覚無し)、実兄は妹の無念を晴らす為に復讐、でもって主人公発狂という切なさ炸裂ぶりが最高に良かったのですが。
ここのは最後まで何があるか解らないからまだちょっと期待してる部分はあり。

コメントを残す