Deep Voice

ブランド: クロスネット
檜エンド。真っ当なエンドは三つだけらしい。
売りでもある、声を「観る」というシステムは際どいながらも面白かったかと思います。それを利用してより広いシナリオ分岐でもあればより面白かったでしょう。悪役が一発で判明してしまうという欠点のフォローも欲しかったところ。
CG は綺麗だけどディザリングがちょっと気になりました。こういうのは雑誌記事や縮小イメージだと解らないから気になり始めるとどうしてもそこに目がいく。

コメントを残す