蜜柑

ブランド: C’s ware
一年ぶりの新作。そういえば Parallel Harmony 面白かったなぁ。
C’s というとどうも叩かれる事が多いという印象がありますけど、それでも全体として一定レベルは保たれてると思うんです。多少の例外と内容的な問題は別として、98 時代からやってるだけあって一応のラインはクリアしているんでは。
んで。「蜜柑」は未完のまま放置された過去の作品を三種類の展開で作者自らが紡いでゆくというオムニバス風の ADV で、今日のところは各一章ずつ。三者三様の雰囲気とかコンセプトは面白そうです。……ここで素直に安心できないのが C’s ならでは。
面白いと思えるうちに面白いと言っておきたかっただけなのかも。

コメントを残す