蜜柑

ブランド: C’s ware
5 章あたりか。そろそろ一周するかと思ったのだけれど。
エンドで萎えるのか徹底的に無視されてしまってるのか、あまり注目されてなさげなこの作品ですが面白いと思います。雰囲気作りや話の盛り上げ方とかは流石 C’s 。限定されたキャラクタによるオムニバス風のものには良い思い出が無かったので嬉しいです。読むリズムを殺ぐ恐れのある三本交互進行は賛否両論でしょうけど、キャラクタがある一つのイメージに固定されてしまうのを防ぐという利点はあったかと思います。深読みしすぎか。
途中の幕間 (インターミッション) のパターンが少ないのはちと残念。数行のテキストでも変化が無いと寂しい。

コメントを残す