螺旋回廊 2

販売: ruf 開発: âge
圭一グランドエンディングとかおり編まで。つまりは表舞台は恐らく終了、後は裏方のネタばらし編かな。きっついのは纏めてくるらしい。
主な主人公は二人、シナリオはそれぞれ導入部とも言える前編と解決編に当たる後半の二部構成。この計 4 シナリオが話の中心となり、前半部のクリア状態で後半部の展開が変化するタイプなので上手くやらないと詰まりやすいです。さらに選択肢は全チェック必須と。難しそうに聞こえますが、私はこのぐらいが一番丁度良い。
内容としては、前作より作品としての完成度を高めてしまった反動で尖ったところが丸まってしまったような印象です。Kanon よりも One の方が面白いと感じるような感じでしょうか。見えない何者かに追い詰められ、一方的に奪われるだけだった前作とはちょっと趣向が違いますね。救いがある、というのは良いことのはずなのですけど。
さて。最後はどうなるんだか。

コメントを残す