はじめてのおるすばん

ブランド: ZERO
考えてみると ZERO というブランド名も実に意味深です。印度が発祥とされる零の発見は数学の発展に大きな影響を与えました。無を意味するはずなのにその存在は非常に大きく、当たり前に見えるもの程その価値は量りしれないものがあります。つまり、ZERO というブランドはビジュアルアーツの要であると同時に、この停滞し閉塞した業界を変える起爆剤としての役目を背負った云々と心にも無い事を並べてみたらだめですか。やっぱり。
様子見として 3 日分ほどプレーしました。既に日常的に手を出してしまってる双子を片方ずつ相手していくという内容です。繰り返される日常の一コマってやつですね。基本的に毎日固定イベントをこなしていくだけの簡単な作りです。途中の選択肢は後半、どちらかに分岐するという示唆かも。
まぁ ZERO ですから。定価 (あー、正しくは希望小売価格?) 5,800 円というのも内容に見合っていて良心的です。

コメントを残す