Love Letter

ブランド: 美遊
コンプ。
うーん、別視点によるザッピングを使っているのにエンドが統一されてないのはどういう事だ。最初の主人公ルートでの if に頼った解決というのはどうも腑に落ちないものを感じる。ストーリーの幅を持たせるのは良いがこれはちょっと違うだろう。
上記の仕様から生じる矛盾点やラストのお約束展開といった些細な事が引っかかった意外は楽しめました。性行為よりも猟奇シーンの方が印象的というのもたまには良いでしょう。ストレートにスプラッタなグラフィック (なんだこの言い回しは) を使わず、要所を隠して雰囲気でそれを伝える描写なため想像力豊かだと非常に有利です。内臓とかの絵を見せられるよりは (余談だがそういう絵って妙な類似性がある。系統が同じだから似るというのは別として) 小綺麗なキャラクタが血にまみれてる方が良いとかまぁそんな感じです。
でもどうせなら犯人視点での猟奇シーンも欲しかったねぇ。そこを描ききったら賞賛するのに。残念。

コメントを残す