腐り姫

ブランド: liar-soft
コンプ。あぁ疲れた。何も無さそうでしっかり影響してる選択肢は勘弁。
四日という短い期間を繰り返しプレーする (そして主人公はそれを知覚する) 、最早使い古された感のあるビューティフルドリーマー系の構成を用いた和風伝奇モノです。システム面の不満点は多々ありますが、背景画そのものにキャラクタを入れたり、徐々に浮かび上がる記憶の断片の挿入など細かな演出は良かったです。
ただ、お話としてはちょっと細部が曖昧なのが気になりました。明確にすると祖父倫に確実に消されそうだけど…… でもこれでも祖父倫通ってその後の文句も無しというのがちょっと驚き。確かに解釈は色々できるけど不味そうな感じになる点では変わらんような。
エロは濃い方かと思いましたけど、どちらかと言えば声優さんの熱演によるところが大きいです。まぁそれだけ技術的にも演出的にも上手いということです。私はシナリオもエロもちゃんと両立できてるように思いました。
……いいじゃないですか、単に近親ネタが好きなんですから。

コメントを残す