巫 -かんなぎ-

ブランド: BLACK RAINBOW
デビュー作でいきなり同人ゲーム並という素敵な評価を受けてしまった新興メーカーの 2 作目。ただし開発チームは別 (for WEST)。 原画は安定していそうでたまに崩れる皇裕介氏。画風は確立してはいるようですけど。
傾向としては抜きゲ。一応シナリオはあるし気になってはいるという程度。通常シーンにしても H シーンにしても、長々と続くことはなく一定の区切りがあるように感じたのは気のせいではなく意図的なものなんだそうで。

時間に余裕のない社会人を視野に、重厚なストーリーを長時間集中的にプレイさせるよりも一回につきわずかな時間、数日おきにプレイするスタイルに配慮し、短時間にゲーム上の区切りを感じさせ、その区切りの中だけであっても進展を感じるよう、シナリオを構成します

うーん、区切りという試み自体は成功しているかもしれないけど H シーンではもう少し尺が欲しい。数は多そうだけどおざなりにも見える。

コメントを残す