ブランド: あんく
コンプ。
修羅場っぽいシーンはあっても、それほど深刻的なものが全く漂わないので拍子抜け。また、エンディングが尻切れとしか言いようのないところで途切れてるのもダメ感をさらに煽っていてもうだめぽ。切るタイミングが掴めないのか、一様に中途半端な切り方です。
「いつかの空」に続いて不発か…… 現在唯一、評判の良い「百舌鳥ノ贄」もとっととやってみたいのだけど時間が。

コメントを残す