世界ノ全テ

ブランド: たまソフト
智子エンド。うわぁ。最後の最後にとっておくべきだったかも。これだけでお腹一杯。安易なハッピーエンドに流されず、救いのない鬱エンドにも逃げない素直に希望を感じられるエンドって好きです。これって匙加減で印象が変わりやすいので本当に微妙な違いなんですが。
二周目はまりもエンド。こっちはこっちで途中アレなものを挟みつつも普通に良さげなエンド。智子シナリオがベースになってるのを見ると、智子関係は全シナリオ共通か。
青春ものというか、少し爽やか青春ものテイストが混じってるだけかな。主人公がヘタレすぎだとかどうも今一歩感が漂ってたりとかするけど智子エンドの読了感は良かった。

コメントを残す