秋桜の空に ~奈々坂の門~

発行元: KSS / ISBN:4-87709-577-2
今日見たら普通に売ってるしっ
同級生以後、当然の如く出るようになってしまったえろげノベライズはメインルートをなぞりながらも全員喰えるようにした原作忠実系か否か、の二系統が基本です。が、大抵は前者となりさらにその大抵はアレゲ感漂うできとなる事が割と多めです。そもそもえろげのストーリーなんてあって無いようなものなのに、それをそのまんまノベライズしても大して面白くないのですよ。あとは富士見ファンタジア文庫あたりの小説大賞応募作品 (≠入賞作品) じゃないかというような文章力・構成力不足。元が悪いのか、ノベライズした人間が悪いのか、その両方が悪いのか…… てことで、えろげノベライズには良い印象を殆ど持ってません。ゲームの脚本を手掛けた竹井氏本人の書き下ろしでなけりゃ買ってませんでした。
内容は一言。鞠音出番少なすぎ。ていうか出てたか?

コメントを残す