羊たちの憂鬱

ブランド: フェアリーテール
えろげ復帰第一弾。夏休みは終わり。
まずはお話的にもキャラクタ的にも好きな夏生エンド。最初こそ「またやってしまった」かと不安に襲われましたが、荒っぽい構成ながらもそこそこに好きです。泥沼とか後味悪さとかは特に感じません。方向性が定まっているようでいない不安定感や煮込み不足な箇所、思ったよりもえち薄だとかいうあたりが結構大きめのマイナスです。
素直に夏生との関係をもっとどろどろした感じに前面に出してくれればもうちょい気に入るんですけどね。エンドの微妙な雰囲気は好きなのでちともったいないです。

コメントを残す