せ・ん・せ・い 3

ブランド: D.O.
えーと。七海ハッピーエンド、七海バッドエンド、伊織・七海エンド、伊織ハッピーエンド、伊織バッドエンド、月子女王様エンド、月子口説きエンド、小鈴・七海バッドエンド、恵美子純愛エンドまで。
凌辱系の作品ってことで、突然真の愛に目覚めてどうこうとかいうエンドではありません。そういう意味ではハッピーエンドといっても別にハッピーじゃない気もします。キャラクタとして良かったのは月子さんと恵美子ぐらいかなぁ。七海せんせにみられる歪んだ愛情みたいなのは Crescendo に通じるものがあり、そこはそこで好きなのですがいまいちぱっとしないままでした。もっと激しい展開を期待してたのに、平々凡々に丸く収まってしまって残念。
そもそもお決まりの展開しかあり得ない作品ですから、お話がどうこうってのは別にどうでも。テキストに比べ CG が少ないとかシチュの広がりがないとかの方が気になります。癖のあるテキストを楽しむ作品、と割り切ってもこの何かが足りないという物足りなさはなんだろう。

コメントを残す