夏日

ブランド: すたじお緑茶
こういうキャラが絞られてる作品特有の雰囲気が好きなんですよ。余計なものがなく、全てが必要だと思えるある種の寂しさとか。
何となく明日菜の存在に救われてます。そういう癒し (って何ですか) とか救いを望むよーなキャラじゃないのに。多分、憎まれ役的な立ち回りなんでしょうけどこういう人は好きです。

コメントを残す