ブランド: rouge

手頃そうかなという印象でこれにしてみました。原画の人好きですし。外注ではなく Will 福岡開発室。

導入部なんて飾りですと言わんばかりのおざなり振りで本編突入、あとは即凌辱と思いきやどうもいちいちキャラと会ってフラグ立てが必要なタイプなようです。どうせ適当で済みそうでも勝手にそういう流れになってちょこちょこと選択肢、ての方が私は好きだったり。

こういう凌辱ものの主人公というと、最初はマトモだったのに何かのきっかけでぷっつんと根っからの外道さんの二種に大抵分けられます (そういや淫内感染の坂口先生も最初だけはマトモだったのにねぇ) 。密の主人公も前者、ただしちょっと強烈。一瞬のパンチラに妄想を膨らませて射精までする主人公つーのはそうそう見かけません。単に欲望一直線の頭弱い系とも見られますが、テキストに溢れる独特のノリが何とも。

これでいざ手を出したら何をしでかすのか楽しみなような嫌なような…… (多分後者) 。

コメントを残す