D.C. White Season

ブランド: CIRCUS
先日発売されたクリスマス限定版はどう限定版なのかというと、単に特典としてフォトスタンドが付いてるだけでした。普通にいらん。
まずは stories をやってみました。D.C. の舞台、初音島で起こるちょっとしたショートシナリオです。キャラは豪華にも一通り新キャラ。妹二種、天然、学園のアイドル、乱暴、やかましい後輩、オマケ、と本編のとちょっと被ってしまってるのはご愛敬。新キャラ使った一種の外伝的な物ですね。
というような悪意に満ちたネタはさておき。
曲芸作品の良いところの一つ、パケ裏のスタッフリスト見て一応分かってはいたつもりです。でもこれはなぁ……。序盤の連続選択肢でキャラ分岐してあとは一本道構成。こういうのはお気に入りキャラからやるタチなんで音夢とことりのを見ました。とりあえず下位互換品として頑張ってはいると思いますよ。音夢に比べるとことりのイベント CG はかなーり互換性低いですが。
CG だけでなく、キャラクタそのものにも微妙に違和感があります。主人公ってこんな奴だったかとか、音夢ってこういう事を言うキャラだったっけとか。狙おうとしてる熱意だけで投げて外してるような。これってみんな新キャラですよね、と現実逃避もしたくなります。良く言って投稿作品をゲーム化したもの、て感じでしょうか。
本編に比べると音声がやたらとクリアに聞こえるのは高音質仕様だからかな。こんなにも違うなら DVD 初回買っておいても……と、もう D.C. で踊る気は全くないのでやっぱ別にいいか。曲芸に付き合うのは本当にこれが最後。

コメントを残す