ヤミと帽子と本の旅人

ブランド: ROOT
中盤か終盤? ざっと全体像が見えてきてアイテム集めに奔走中。複数の異世界を渡り歩く系の作品にしてはちゃんとそれぞれに関わり合いを持たせて、無理なく存在させているのは印象良いです。行き先や重要な決定をプレーヤにさせないお話主導型の構成だから好きってのも勿論あります。
にしてもまだまだネタの肝心なとこは伏せたまんま。

コメントを残す