SPI 対策

筆記試験対策なんぞ全くしてないというか今更やらなくても大丈夫だろうと思ってるのですが、流石に塩水濃度なんぞで落とされたりしたら泣くに泣けないので中学数学の基本問題で「中学生レベルの数学」というやつを一応確認なんかをしてみたり。今見ると簡単なのが不思議ですね。
非言語問題で出題されるのは基本的に算数か精々中学生レベルの数学、それも濃度算、旅人算、損益算、植木算、仕事算、水槽算、集合、推論、といったあたりだという何処かで聞いた記憶と SPI対策 のサイトを頼りに一通りやってみました。えぇ、確かにどれも時間さえあれば普通に解けます。しかしその時間を無くして煽るのが SPI のやり方と。こんなもん、1 問 1 分とか 30 秒とかのペースで解けませんよ?

コメントを残す