NEC システムテクノロジー 体感セミナー

西日本方面の N 系ソフトウェア会社を整理統合して一昨年にできた比較的新しい会社だそうです。会場は N 系のつまった NEC 関西ビル B1 のホール。ビルだけあって一階ロビーには受付嬢がちゃんといます。大企業の正当派受付嬢って感じでちょっと感動しました。
特に説明会の案内板などがなかったので (受付嬢に) 聞いてみると受付開始の 13 時になれば担当者が来るとか。ロビーの隅に立って待ってると確かにぽつぽつとそれっぽい人が何人か見受けられます。コートを着たままとか堂々とソファーに社長座りして談笑してる勇者とか、筆記試験なんかの前にこういうとこで落とせよって感じの人がいるあたりなかなか素敵です。
セミナーは 5 ~ 6 人のグループワークが 1 時間 30 分ほど、会社概要説明等が 1 時間という構成。グループワークは先週行った TIS のと同じく SE の上流工程を体験しようというもので使用資料はやはりリクルートとリンクアンドモチベーションの © マーク入り。
グループワーク、どちらかといえば会話のボールを投げるよりも他人が落としそうなのを拾い上げるタイプな私は私なりに振ってはみたつもりですがちょっと微妙止まりです。これがグループディスカッションだったりすると相当に悲惨な結果を招きそう、て程ではなくてもそれなりに考えておかないと後々不味いかなぐらいは思います。これも運かねぇ。
セミナーの雰囲気自体は非常に良かったです。というのもグループワークとパネルディスカッション (入社数年の若手社員との質疑応答) の司会担当がこの手のコンサルやってるリンクアンドモチベーションの人でした。手慣れてるだけあって進行や回答の引き出し方が上手いです。
アンケートは記名ですが純粋にセミナーの内容についてを問うものだけで、この点でも非常に好印象。ちなみに休憩時間には飲み物が用意されてました。さすが NEC 系です。
筆記試験は 03/07、03/10、03/20 の 3 日程から選択して Web で予約。7 日はリコーテクノシステムズの説明会と筆記試験、10 日は住商情報システムの説明会と適性検査で埋まり済みなんで自動的に 20 日に決定と。

コメントを残す