日本インターシステムズ 説明会

えぇっと。人並みの現況把握ぐらいはできてますんで、独立系もそれなりに見て回ることにしてます。
会場は新大阪の大阪本社の会議室でざっと 30 人程。前々日と当日に参加確認の電話を携帯に頂いたみたいなのですが、正直まだ使い慣れて無くて気付いてませんでしたすみません。
内容は会社概要、採用について、業界動向、戦略、質疑応答という流れで 2 時間ちょい。司会進行は社外のそっち系コンサルの人です。戦略のくだりでは特許取得済みだそうな売り込み中の技術について述べられてましたが微妙に空回りなものがありました。気持ちはわかりますが細かい内容までは不要だったかなと。
質疑応答は入社二年目の女性の方。かなり緊張していらしたようで、言動がちょい危なげだったように思います。いや、お決まりの優等生回答よりはずっと好きですけど。特に志望動機、他ではなく此処に決めた理由は実にストレートで他に内定が無かったと。
何だかんだと理想だの夢だの志だの社風 (外から見える社風にどれほどの意味があるのやら) だの並べ立ててもやっぱり最後はそんな俗っぽい理由で決まっちゃうものなんだと私も思います。何か結局はなるようなる、それなりの鞘に収まってしまうものなんじゃないかと。割れ鍋に綴じ蓋。
質疑応答に結構時間を取った分、内容的には満足できましたし雰囲気も終わり際には良くなっていました。大学名、名前、「本日はありがとうございました」の質問者常套句三点セットは勿論、起立すらありませんし (言う人は言ってましたが少数派) 。アンケートは記名で説明会の感想と ES 的な質問 3 つ、一次選考の筆記試験参加希望の有無。筆記試験参加についてはちと悩みました。ここまで来て悩んでどうするとは思いますが、3 月初旬の状況によってはどうなるかわからない 3 月中旬に予定に入れることへの不安とお話を聞いた上での印象とか色々勘案するとどうも決めかねて。
正直なところ、一番の志望は SE じゃないんですよねこれが。もちろん「なりたいもの」と「なれるもの」の間の距離ぐらいは理解してるつもりです。かといって早々に違う方向へ力を入れるのは全ての人に対して失礼ですし。よって今回は辞退……というか選考不参加とさせて頂きました。
この根拠の無い自信と余裕は一体何処から来るのか本当に不思議です。

コメントを残す