ニッセイ情報テクノロジー

場所は梅田センタービル。梅田界隈は自信ないので 2 時間程前に軽く下見しました。時間潰しに阪急東通商店街を通り抜けましたが、普通に「商店街」という言葉から連想される商店とは随分とかけ離れたものがやたらと立ち並んでます。そういうとこだというのは聞いてましたけど見ると聞くのとは大違いという奴で。パチンコに試写室にキャバクラの並ぶ「商店街」てのはなかなか楽しかったです。
セミナーの方は約 60 人を 5 ~ 6 人ずつ机に分けてまずケーススタディと称する簡単なグループワーク。その後に簡単な会社紹介と適性検査でざっと 3 時間弱。ES は事前に記入していたのを提出しました。
グループワークはお決まりの上流工程体験もの、資料や課題は全てオリジナルで内容も問題分析のみ。その分、討議に結構時間を取っています。雰囲気は非常に良好で気楽にできました。
筆記試験は典型的な SPI 。言語、非言語、論理、パーソナリティで 1 時間ぐらいだったか。非常に素直な作りなので割と順調に回答できました。結果は合格者のみ十日以内を目安に電話連絡。
全体的な感想としては可もなく不可もなく、でも満足感はちょっと薄いです。他とはここが違う、ここに力を入れている、といった会社としてのポリシーとか売りがどうも見えてこない。記憶にあるそれっぽいのはニッセイグループてことで金融・保険・医療に強い、外販率を上げるのが目標、とか。でも私が求めてるのはちょっと違うんですよ。もっと具体性のあるアピールが聞きたいなと。

コメントを残す