CSK ネットワークシステムズ 一次面接

生の感情を出すようでは俗人を動かすことは出来ても、人事には通じんな。
大阪支店にて。よくあるオフィスビルなのに、住商で見たようなカードゲート付でした。手狭だろうに。
トイレで 10 分ほど緊張を解してから受け付け、少し待ってから別室で面接となりました。初の一対一の個人面談、礼から立つ位置までの一挙手一投足を嘗め回すように見られてる気がしてなりません。そんなに見つめられると照れちゃいます。
まずは定番の自己 PR を 2 ~ 3 分。何度も脳内シミュレーションをしたのにところどころ詰まってしまい、しかも妙に早く終わらせてしまった気がします。いいのかこんなんで……。
学生生活で打ち込んだもの、志望動機を答えてやっと舌が慣れてきた頃に、問題に直面した場合はどう対処してきたかといったような具体的な事例を挙げて即答しづらいような設問をふっかけられました。定番ものよりも、こういう臨機応変な対応の方ができると思ってたのに案外難しい。どうしてこう、後で言い直したくなるような事を口走るんだろう。
時間は思ったよりも早く、10 分ほどでした。結果は 2 ~ 3 日中に合否に関わらず。

コメントを残す