NEC システムテクノロジー 一次面接

同じ時間帯に集まったのは 12 人。前半・後半に分け、3 人単位で個人面接です。前半組の間に後半組は筆記試験を受験。私は前半の最初でした。
入室するとまず、流れについて簡単な説明。3 分で課題のプレゼンを行ってその後内容について質問、残り 10 分で一次選考時に書いたアンケートを元に質問だそうで。面接官は二人でした。時々足を組んだり椅子を左右に揺らすリラックス振りに少し救われました。
プレゼンは提出用のレポートを見ても良いということでだいたい意図通りに。ボード代わりのスケッチブックやらを用意してた人もいたようです。うーん、私も何か用意すべきだったか。
緊張してたのは相変わらずですが、プレゼンのお陰で喋りやすくなってきた頃に質問なので調子よく回答はできました。色々と話のきっかけが思い出せないことを話していた事さえ除けば上手くいったかと思います。面接でこんな満足感を感じたのはこれが初めてです。
アンケートについてもだいたい無難に回答。唯一ミスったと言えるのは志望状況欄について、他社の選考状況はどうかというのに答えられなかった、いや正確にはその場その場で書いてるから何処を書いたかなんて覚えてないと正直に言った事か。そりゃ勿論第一志望は NEC-ST と書いてるはずですが、第二以下なんて選考状況次第なのでいちいち覚えてないのが正直なところ。
だいたい約 20 分の時間通りに終わったはず……なのに同時に面接に行ったはずの残り二人は結構経ってから戻りました。時間の長短ってやっぱり気になります。CSK-Net も 10 分程度で終わってしまった感じがするし。
筆記試験は GAT-A 。問題文に既視感があるのでどっかで受けたものと同一なはずです。
結果は 10 日以内にメールで。本日貰えた交通費は 1000 円でした。
帰りは同時に試験の終わったその 2 人と談笑しながらビルを出たわけですが、私以外は JR 。つーことで自動的に 2 : 1 でお別れ。何故こんな事に拘るかと言えばその 1 人が女性なわけで。面接は上手くいったと思えるのに何なんですかこの悔しさは。試合に勝って勝負に負けたっつーか。

コメントを残す