松下 AVC マルチメディアソフト

松下家電の組み込みソフトとか OEM で PC バンドルソフト開発とかをやってる比較的新しめの子会社。社員 234 名に対して採用枠 30 って割合的にちょっと多めですね。例年通りとはいえ。
新人を積極的に現場に出す、てことで説明会プレゼンも新人の方が担当されてました。主旨はよいとしても、こういう機会ではやっぱり慣れた人を使わないと印象悪いです。早口なのと説明の薄さ、商品カタログを並べ立てただけのようなスライドでもうちょい練習してくれと。
ES は約 20 分の時間制限有りで書き上げるというちょっと珍しい形式でした。文書で書くのは志望動機ぐらいのもんですけど。。
筆記試験は記述・一部多岐選択式、問題集使い回しの為書き込み禁止、30 分。出題は 2 進数・10 進数・16 進数の相互変換 (例題として変換法が問題下に掲載済み) 、数列の空欄補充、算数、推論。解答用紙にはご丁寧にも配点が掲載されていて、計 8 問ほどの文章題が各 4 点、数列が各 2 点とかな感じでした。得点に応じて評価を A ~ E に当てはめて足切りする模様。誤謬率関係の表記は無し。
私は文章題は捨てて地道に数列を重点的に解答してみましたがさて。

コメントを残す