NTT データ三洋システム

こちらは正真正銘の NTT データグループ、三洋電機のソフトウェア部門を独立させた子会社の三洋電機ソフトウエアに NTT データが混ざって今年発足したばかりの会社です。資本的には NTT データと三洋電機が半々。
やはり NTT データというブランド力の成せる業か、80 人強は集まってました。三洋のメーカーとしての強み、そして NTT データの SIer としての強み、両者の合わさったなかなか面白い企業だと思います。
しかも説明会だというのに、常務一人と取締役社長が見えられるという他ではなかなか見られない力の入りようでした。確かに社長直々のお話は時間にしてみれば僅か 10 分ほどです。が、その 10 分すら作らない企業の何と多い事か。ちなみに常務は最初から最後まで。さぞ忙しいだろうに、学生風情に貴重な時間を割くというこういう些細な点に私は結構惹かれます。
筆記試験の方はマーク式 + OCR 。六問構成でそれぞれに制限時間が設定されています。出題内容はなかなかユニークで、平面図形から何種かの特定の図形の発見、平面図形を分割した図形から不要なものの選択、暗号解読、数文字の単語の穴埋めと他では見た記憶の無いものが多かった試験でした。例題で問題内容を把握しあとはひたすら解かせるという SHL スタイルですが、同社製ではありません。どっかの業者テストだとは思いますが、社名を判別できるような特徴は特に無しでした。
通って欲しいです。今回ばかりは本当に。

コメントを残す