松下システムソフト

松下本体を親に持ち、松下グループ内でのビジネス系ソフトウェアを主に扱う子会社。事業内容は内販メイン、勤務地は大半が関西です。
プレゼンの基本、即ち具体的な数字を伴ったデータがちゃんと出されてたのは好印象です。従業員数の増減、採用枠の増減、拠点別人員数、他ではあまり表に出てきにくいデータも提示されていました。
筆記試験はパナソニック情報システムで受験したのと同じ表紙に「Open the door」と書かれた冊子でした。下に社名は入ってますが、出題形式も構成も同一です。解答用紙はコピー機で刷ってるらしく歪んでるのが回ってきました。もちろんこちらも、誤答総数 * 1/4 で算出される誤謬率欄のある同じものでした。
さて、今度は通るか。

コメントを残す