関西 NTT データ通信システムズ

7 月に関連 2 社と合併予定の NTT データ子会社。俗に言うデー子ですね。
説明会は先に先輩社員によるお話があるというちょっと珍しい構成でした。パンフの類はなく、白黒両面印刷の紙に募集要項・会社概要が載ってるのみ。
ES は持参の写真貼り付けで履歴書代わりに使う予定っぽいです。記述項目としては研究内容、今までの人生で自慢できること 3 つ、アピールの 3 つ。たかだか 20 年ちょいしか生きてないのに人生レベルでものを語れっつーのが凄いです。
筆記試験はNOMA 総研SCOA の D タイプ。制限時間 30 分に対し 60 問、出題内容は悪名高い非常識問題です。
マネーサプライの意味選択、"湾岸戦争の英雄"とは誰か、地質時代で最古の時代はどれか、アナン国連事務総長の出身国、1970 年における各国首脳 (主要国とかじゃなくマイナーな国…) 、イスラエルの農村共同体の名、何となくわかるものもあれば全く分からないものまで実に幅広い出題でした。社会・政治経済分野からは経済用語の意味を問うもの、近・現代史的なものが多く出題され、高校止まりの世界史・政経知識では殆ど太刀打ちできませんでした。理科分野では地学、生物、環境系が目に付きました。算数は標準レベル、漢字は少々高めというぐらい。この試験、全問正答できる学生なんてそうそういないと思いますよ?

コメントを残す