大和コンピューター

基幹系をやってる独立系 SIer 。職場環境を重視してるそうで本社の床は全てフローリングで要脱靴、その床下には活性炭とゼオライトが敷き詰められてるそうです。さらに総檜造りの一角があったりマイナスイオン発生器が上からぶら下がってたりで非科学系健康グッズ空間という趣すら感じました。パンフに掲載された写真ではツタ状の植物が壁や天井を這っているというアメリカのオフィスでもそうそう無さそうな素敵空間が演出されてました。
説明会は自社ビル裏の別棟 (上は寮か?) 地下、社員食堂をセパレータで区切っただけの場所です。ここも要脱靴。最初の 30 分は 10 人ぐらいずつで職場見学でした。ご自慢のフローリングなオフィスや檜造り、怪しさ爆発のマイナスイオン発生器やらをしっかり見させて頂きました。謎のツタ類は見えた範囲内では確認できず、あったのはよくある 1m ちょいの観葉植物でした。よく見る観葉植物でも、数的には他よりかなり多めなのは確かだと思います。案内の人も緑があって云々仰られてましたし。
次に担当の方による説明が 1 時間ちょい程、スライドの内容は学生向け会社案内パンフと同程度です。ちなみに受け取ったのはこのパンフとアンケートだけで募集要項について書かれた紙はありません。
えぇっと。設立が 1977 年と比較的古いにも関わらず、社員平均年齢が 28.2 歳というのは些か若すぎる印象があります。若い力といえば聞こえは良いけどその実態は以下略、つーのはよくある話ですし。パンフに載ってない職場環境への取り組みについては、電磁波カットのエプロンだとか備長炭入りの浄水器使用だとかがありました。
筆記試験は HRR の PRE-U (Web に情報無し) 。SPI をベースとした時間短縮版でしょうかね。以前、どっかで受けた気もしますが SPI との差異は問題構成、出題傾向が若干異なるぐらいだと思います。国語 30 分 + 算数 40 分、問題数はそれぞれの制限時間 + 5 ~ 10 程度。

コメントを残す