シベリア超特急

WOWOW であの水野晴郎映画生活 45 周年記念作・シベリア超特急をオールナイトで 4 作一挙放送、しかも 1 と 2 は今回の放送用のディレクターズカットという無意味に素敵なことをしてくれてました。実は大昔に 1 をストリーミングで配信されてたのを少し見ただけだったので気になってたのです。わざわざ借りたりしてまで見たいとも思えませんし。
まずは一作目。シベリア超特急 (なぜ「超」がつくのか、なんて野暮な事は聞くだけ無駄) 一等客室車両内で突如起こった連続殺人事件を山下奉文大将が解決するというお話です。そのまんまですがこうとしか要約できません。一言で言うならオリエント急行殺人事件を高校の演劇部が演じて映画にしてみました、て感じでしょうか。チープなセットと英訳字幕のミスマッチが不思議な違和感を醸し出しています。息をつかせぬ急展開の連続、緊迫のアクション、そして全ての観客を驚かせるドンデン返し、確かにどれも嘘じゃないですね。自主制作映画としてなら楽しめると思います。「戦争(・A・)イクナイ」というそれこそ小学生でも言える事を何の飾り気も壮大なテーマも無しに正面切って伝えるというストレートさは好感持てました。
2 は回想としてお話が進みます。線路爆破によりシベリア超特急の乗客が一晩泊まる事になったホテルを舞台に起こる密室殺人を山下大将が以下略な感じです。タイトルの超特急は 1 コマも出てきません。舞台がホテルだからなのか予算が確保できたのか、ロケ先としてホテル借りちゃったみたいで随分と普通の映画風になったと思います。高校の演劇部から B 級映画に昇格しちゃいました。
冒頭で確か「三回反転しますが誰にも言わないで下さい」みたいなテロップが出たのでまたあのドンデン返しをかますのかと思ったのに今回はもっと一般的なレベルでの (展開の) 反転でした。しかも誰が見ても容易に先の展開の予想ができてしまいます。新学期に幼馴染みが起こしに来てくれなくて学校へ走ってたら交差点で食パン少女にぶつかって後で転校生と知って席は何故か隣同士でそんな姿を見た幼馴染みは内心激しく動揺するけど強がって先に帰ってしまうなんてお話並に予想の範疇を超えない展開しかありません。
続いて 3 、こちらも回想形式。ただし今回は現代・過去同時進行で事件が進みます。火曜サスペンス劇場でも見たんでしょうか。ドクター中松が出ていたのが無駄に面白かったです。表情が本当に嬉しそうですしね。
とりあえず眠気に負けたのと本当にこんなのでオールナイト (ちなみに放送は 0 時から 8 時まで) するのも無駄に疲れるので途中まで。残りは録画して明日にでも見ようかと。

コメントを残す