雑記

Ultra VNC 入れてるサーバに Video Hook Driver を導入してみました。
その名の通りビデオドライバをフックする事で更新部分のみを検出してさらに高速な描画を実現し、さらに半透明のウィンドウや動画等のオーバーレイ表示された箇所も表示可能にする補助ドライバで Ultra VNC の真価を発揮しようとするなら必須だそうで。しかしこの「更新部分のみ」というのが少々曲者で画面にゴミが残りやすくなってしまいます。またちょっとリスキーな動作のためサーバが落ちることがあり、リセットすることも何度かありました。体感速度はサーバ側の解像度次第だと思います。解像度が低ければ全画面更新、高ければドライバを使うのが良いかと。
現在はドライバ使用で様子見中。

コメントを残す