屍姫と羊と嗤う月

ブランド: BaseSon
明星お姉さんエンド。終始起伏が無く、やっとこれから? ってところで終わってしまいました。いい人なのかそうでないのか、その曖昧さを逆手に取ったお話を期待していたのに随分と中途半端なところでお終いに。
花・明星ルートは叶子ルートとは明らかに別の人が書いてるようで、会話の掛け合いやネタの軽妙さはこちらの方が上。内容も鬱や伝奇ものとかは全く無く、完全なお気楽学園ものの雰囲気となってます。それならそれで、もう少し起承転結付けて欲しいものですが。

コメントを残す