Monthly Archives: 10月 2003

Bookmark

「紫文庫『夏恋~karen~』イントロダクションノベル」店頭配布スケジュール決定

120 ページとはまた意外に多い。

教え子にわいせつ行為 中学教諭が懲戒免職に

生徒の家で個人指導の続き。教育熱心ですね。

女子高生連れ回す 誘拐などの容疑で逮捕

「話がしたかった」ので、ボディランゲージを使って女子高生とお話されたそうです。

豪華13ブランドが共演する夢のコラボレートアルバム 『GWAVE 2003 ~1st Beat~』登場!!

最近はゲームより前にサントラが出たりしますが、出ないブランドの作品だとやっぱり出ないのでこういうのはありがたいです。

少女30人まず味見、客取らせて売春強要

マグロ船って債権回収業者じゃあるまいし。

クリスマスに秋葉原が萌えあがる! 「モエかん~萌えっ娘島へようこそ~発売記念X’masイベント“萌えまくり”」開催決定!

クリスマスのこういうイベント参加ほど虚しいものは無いような。

32歳消防士長、休日に「出来心」で盗み撮り

最近聞かなくなってきた盗撮アイテム「カメラ付きの携帯電話」が久々に。

婦警の前でシコシコ逮捕…露出男の「常習度」

そういうお店に行きましょう。

Read more »

雑記

今日、初めて日本橋のコスパ入ってみました。きっかけは隣の (繋がっているので併設というべきか) DIGIF@N の入り口すぐに Pia キャロのぱろぱろタイプの制服が置いてあり、その他の制服は隣のコスパに云々な張り紙が目に入ったからです。衣服としてでなく鑑賞物として (ここ重要) ぱろぱろタイプの制服って好きなのですよ。特に帽子とそのリボンが萌え。で、いくら好きだといっても外から丸見えな場所でマネキンが着てる制服に触るのは非常にアレなわけで、それならいっそ入った方がまだマシだろうと判断しました。
1F は街中で着る人はいなさそうなロゴ入りシャツ類でコスプレ用の衣装は 2F です。2 F は二つのフロアに分割されていて、階段上がってすぐがフィギュアとかに着せるらしい小さい服やらカツラやらその他謎の小物類、扉をくぐったところにずらっと何処かで見たような衣装が陳列されてました。衣服を置くフロアなのに防虫剤の匂いがほぼ皆無だったのは意外です。ちょっと前に入ってみたエロ系のコスプレ衣装を置いてる店でさえかなりの匂いがしたのに。
お目当てのぱろぱろタイプの制服はまほろさんやら何やらのメイド服に挟まれてハンガーに吊されてました。思ったよりもスカート長めです。帽子は残念ながら見当たりません。
ついてる値札を見るとお値段は 47,800 。いやぁ良かった。2 ~ 3 万程度だったら危うく買ってしまいそうでした。幾ら私でも、5 万近くをネタと一時の勢いで使う勇気はありません。
メッセへ行くついでに、先週リニューアルオープンの金太郎書店に。ここは書店と名は付いてはいても信長書店と同じく、エロ系商品がメインなお店です。今回は VHS 商品の取り扱いを止めて DVD 中心にすることで商品数の拡充を図った模様。以前は少なかったアニメ作品 (エロのみ) 、DVD-PG 、そしてさらにえろげまでをも扱うようになったようです。ただし DVD-PG に比べてえろげはまだ実験的なのか、棚一つの割り当てで取り扱いブランドもイーアンツミンクの実質二つのみという非常にお寒い状況です。それだけならまだしも、ラインナップをみると本当に売ろうという気があるのかすら怪しい。
イーアンツ作品は対象者が微妙にズレているので置いておくとして、問題はミンク作品。ミンク名鑑かってぐらいに古い (といっても Windows 対応ですから懐かしいという方が正確かも) 作品から置いてます。「Diver’s」、「魔性の貌」、「ツーショットDiary95」といった中古屋でも見かけない前世紀の作品はもちろん、「Mink でらっくす 2」なんて今や絶滅したプラスチックパッケージ作品までありました。数はどれも 1 本ずつでしたが、一昔近く前のから今年の作品まで並んでいる姿は異様の一言。
お値段は新旧関わらず希望小売価格の 9 割程度。一体何処の悪いお兄さんに騙されのでしょう。

Bookmark

『Clover Heart’s』体験版&デモ・ムービーCD-ROM配布ツアー決定

暇な人がまた大挙して押し寄せるのが容易に想像できるので早めに行こうかと。

健康食品:
「痩身効果」虚偽チラシ1億枚 業者を警告 公取委

20 億円も売れていたことが驚き。

Read more »

地っ球の平和をま~もるためっ! Vol.1

ブランド: C’s ware
多分クリア。一本道なので分岐や取り逃した CG とかは無いはず。
ギャグを期待していたので正直なところ期待外れ感が強いです。全体的に今一歩足りず、低価格路線の小物感が悪い方向に出ているような印象です。

雑記

最後のえろぐいん買ってきました。「リニューアルは雑誌の危険信号」の法則を裏付けるかのように、版型変更を伴う誌面リニューアルから 1 年ちょいで休刊、より正確に言えば TECH GIAN への吸収合併です。
元は PC ゲーム誌ログインからの分離独立で、買いやすい表紙イラストとたまに入る PC 系特集、定型的で読みやすい記事が特徴でした。一方の TECH GIAN は CD-ROM 付きエンターテインメント雑誌 (一時期流行った、Windows のフリーソフト・シェアウェア詰め合わせ + アプリの体験版 + 独自コンテンツ + ヘアヌードで構成される雑誌の呼称) TECH Win の最盛期の勢いで創刊された企画もの。それまであるようで無かった「CD-ROM 付きのえろげ雑誌」を 1000 円前後の手頃な価格で出したところが上手く当たり瞬く間に隔月刊から月刊化。当初は CD を主とするあまり、ただのオマケに過ぎなかった誌面も徐々に分厚くなっていき現在では少々読みにくさすら感じる厚さにまで成長しました。
えろぐいんの方も時代の要請に応じてたまに体験版や主題歌を収録した CD-ROM を添付するようになり、こうなると両者の違いは CD が毎月付くか、CD に独自コンテンツはあるかぐらいなものです。しかも何やかんやで両誌の発行元はエンターブレインに統一され、コンセプトや元の違いはあれど一社が二つのえろげ雑誌を出すという非常に珍しい体制となってしまいました (ちなみに TECH GIAN は隔月刊時代はアスキー、月刊化時はアスペクト発行) 。いつかはこうなるかな、という予感はありましたが…… 案外早かったです。
最後の誌面は明らかに衰えが見え始めてきた頃から感じていたまま。広告数、紹介作品数、その他の情報とも、全てが中庸で特に多くも無ければ目を引く記事もないままです。
最後と言うことで、今まで殆ど手を付けたことの無かった付録の CD も聞いてみました。男二人がえろげの曲を挟みながらえろげ周りを語るという華も色気もないトーク CD です。できれば曲とトークはトラックを分けて欲しかった。

Bookmark

WinFX――Longhornが提供する「革新」の核心

95 以来の節目になるのだとすると、SP3 あたりまで出てからが安定期かな。

わいせつ行為見せつける 海自3佐を条例違反容疑で逮捕

女子中学生 (14) と同 (15) に。最後まで見た女生徒に 1 万 1000 円払って、途中で恥ずかしげに目をそらした女生徒に 3000 円しか払わないのは間違っていると思います。人間、羞恥心を失ったら終わりではないでしょうか。

父親の警官「おまえか」痴漢一喝

こういう警察官がいるかと思えば。

逮捕の50歳警部、張り込み実は「下着狙い

こういう人もちゃんといます。

エロ教師「会ってほしいにゃ」と小6にメール連射

語尾は「にょ」の方が良かったのでは。

家出2少女を自宅に住まわせ、毎日「売春」

2 万 5000 円。

Read more »

雑記

Apache に WebDAV を入れようと四苦八苦で地球の続きやる時間ありませんでした。2k では全くアクセスできず、XP ではアクセスできても BASIC 認証を入れると認証が行われないという怪現象で使い物になりません。
多分、クライアント側の問題。

Bookmark

ソースネクスト、1,980円のDVDバックアップソフトとDVDプレーヤー

WinDVD って OEM を止めて日本法人からの販売に統一するとか何とか言ってたような。

中1女子が車内に引きずり込まれそうに

この手の事件は最近じゃ一週間に数件は起きてるような。

ネットに卒業アルバム出品…住所録なども記載

何でも売れる時代です。

おカタい検察事務官、下腹部タッチで逮捕

下腹部を服の上から。

Read more »

地っ球の平和をま~もるためっ! Vol.1

ブランド: C’s ware
第三話少しまで。どうもテンポの悪さを感じます。

雑記

ななみとこのみのおしえて A・B・C (Studio Ring) って 12/26 発売ですか。はじるすから約 2 年、ブランドを越えて 3 組の双子幼女が一堂に会すわけですね。
病みすぎです。