天使のいない 12 月

ブランド: Leaf
昨日の続きでしのぶエンド。エンディングとその過程は一番好きかも。一度受け入れてしまえばそれほどアレなキャラでもなく、むしろそこが萌えるポイントとまで思えるようになりました。
で、未読テキストも潰してコンプ。総じてみると、淡々とした雰囲気ゲーの類に近いです。山と谷があると言っても精々砂山と側溝程度のもの。いつもならすぐに飽きてます。主人公も DQN 風味だし。それでも飽きや怠さを感じずにこの世界に浸ることを楽しめたのは CG ワークの良さでもなければキャラクタ達のアレな個性でもなく、全編通して横たわる雰囲気です。厭世や退廃を気取り、客観的にそれを自覚してまたループ。そこへお約束のように挟まるテーマ。テーマなんていっても、作品中で一番出てくる単語が「バカ」と「セックス」ですから色んな意味で終わってます。
なら雰囲気だけかというとそうでもなく。これでもかと客に全く媚びようとしない姿が捻くれていて好きです。えろげ的じゃないけどえろげでないとできそうにない、アンバランスな作風は嫌いじゃないので。妹や双子やメイドや巫女や義母や幼馴染みが大量に湧いてくるのにも飽きました。
葉の作品でなければ、そして原画が違えば歯牙にも掛からない作品だったかもしれません。でもだからこそ、葉が出したというところに面白さを見いだしたいとも思うのです。惜しむらくは書きたかったと思われるものの全てを書ききることができなかった事でしょうか。
あとどうでもよいことですが。葉はいつの間にあれほど見事な汁表現の技量を身につけていたんでしょう。陰影といい不透明感といい、見事の一言につきます。逆に立ち絵やイベント CG でしばしば見られた身体と掌の大きさのアンバランスさはちと残念。
何にしろ、少なくとも葉っぱだけあって作品としても商品としても一定以上のクオリティを保っていました。途中分岐のエンド (一般的にはバッドエンドと呼ばれそうですがこの作品ではこっちの方がむしろハッピーエンドのような) もある程度は揃っていて楽しめましたし、発売から一ヶ月近く経とうとしていても目立ったバグは勿論、修正パッチも提供されてません。できればこれっきりでなく、忘れた頃にでももう一度こんな捻くれた作品を出して欲しいかなと思います。

コメントを残す