雑記

余韻を確かめるかのように天いなをもう一度。救いも希望もない、ひとつの区切りとしての終わり方も多分気に入ってるんだと思います。

コメントを残す