雑記

月末発売の DVD-PG 「電脳 SEX 7 人のサイバーアイドル」(シュガーキューブ) って何処かで見たと思ったらあの「Lalka」(Pure Platinum) の DVD-PG 版じゃないですか。「Lalka」といえばもう、忘れたくても忘れられない作品です。多分、初めて掴んだ「未完成品」ですから。
記憶に残っていることと言えば「何もできない」「何をするゲームか意味不明」「修正パッチが激安台湾製 CD-R で送られてきた」ぐらいしかないので、ちょっと当時の日記を読み返してみました。
あー、なるほど。シナリオに関する記憶が欠片も無いのはシナリオを読むことすらできなかった為ですね。上から超高速で落ちてくる音符記号を僅か数秒の間にクリックして取る謎のミニゲーム、連れてるキャラと何度か会話したら唐突に H シーン、そしてそのままエンディング、という数分で終わってしまう展開にお話なんてありません。キャラクタは全員で 7 人だそうですが、最初から連れ歩けるエルフィ以外にはもう一人と何かのイベントで出会っただけだったと思います。何せイベント発生自体にも運を要求される素敵仕様。
現在配布されている「ディレクターズカット版」というのは平たく言えば修正パッチ。アーカイブの中身は本体との差分のようです。17 MB もの差分を配布するなんて、最初は一体何を作ってたんだと気にはなりますが今更掘り起こして検証する気は起きません。

コメントを残す