プレゼンス

ブランド: Clock Up
一通り残りキャラの凌辱ルートクリア。これで CG は全て埋まりましたが回想だけがまだ残ってやがります。
このルートは優希以外は最後に「BAD END」の文字が出るだけでイベント CG つきのエンディングというものが存在しません。そのかわり、キャラ毎にちょっとした最後のイベントが入ります (亜衣には無かったかも) 。この最後のイベントが意外と良かったのが香澄と優希でした。香澄は声が無い (ここではイベント CG が無いため) のが非常に惜しく、優希は何だかんだで丸く収まってしまいそうな優遇されっぷりが良かったです。優希だけ「BAD END」の文字が出ないのは演出的なものでしょうけども、すぐにタイトルに戻るとバグかと誤認しそうなので暗転ぐらいはして欲しいとこです。
シナリオは一言で言えば H シーンブラウザの為のもの。達成感とかを味わうためのものではありません。好意で受け入れるにしてももうちょい葛藤みたいなのが無いとつまらんわけで、その点でこのルートの亜衣シナリオの純愛ぶりが際立ちます。全ては愛あってこそ、愛・覚えていますか、あの素晴らしい愛をもう一度、愛は地球を救うって感じです。優希シナリオも亜衣と似たような感じになりましたがこちらは今ひとつ。最後のイベントは良いのに。
霧子はどうも投げられてるのか、こっちのルートでもおざなりな扱いでした。殆ど香澄のオマケ的な扱いです。
ちなみに刹那は喰えませんしイベントも無しでした。

コメントを残す