凌姫

ブランド: Psy-chs
外堀も埋まっていよいよお姫様二人。ここからがやっと本番てとこです。内容はこれまで同様無難にばっさばっさと。さして特殊なシチュがあるわけでもないのに飽きないのは、単純にテンポとかが私にあってるのだと思います。キャラ同士の絡みも徐々に入ってきて実に良い感じ。ミシェルとかミシェルとかミシェルとか。
昨日書き忘れてた欠点、テキストの三点リーダの多さはちょい気になりますがこういう系統の作品に於いては「読む」よりも「聞く」がメインだと思うので些細なことでしょう。あと、背景の夜版は一枚ありましたので昼夜で変化無してのは訂正。

コメントを残す