Daily Archives: 2004/03/21

Bookmark

吹奏楽部員にプール練習などセクハラ2教諭処分…大阪

吹奏楽部員をスク水姿にしたり指圧したりおんぶや抱っこしたりと好き放題しても実名は出ないし逮捕もされない教師はやっぱり最強です。

小学校の米飯給食にミミズが混入 北海道・登別市

懐かしい都市伝説ネタが。あれは蚯蚓の肉でしたっけ。

Read more »

パティシエなにゃん娘。ドラマちっくCD

発売元: PajamasSoft
端々で面白くはあっても何だかんだで落ちを付けきれてないような。二組に分けたのがちと失敗か。一恋もちょい役止まりですし。

プレゼンス オリジナルサウンドトラック

発売元: CLOCKUP
トラックリストは電撃の記事通り。フルコーラスの #1 は心なしか音の感じがショートの時とは微妙に違うような気が。#9 は単にボーカル無しってわけではなく、頭に数秒ついて全体で +6 秒ほどで #18 はアレンジ版。残りの BGM は本編のままなので先行デモムービーの BGM は収録されていません。
2000 円と一応はお値段控えめなのが唯一の救い。

くろふぁん 1GHz

ブランド: CLOCKUP
一通り触ってコンプ。
「プレゼンス NEXT DOOR」の残り二編のうち一つは香澄エンドの後日談、もう一つが本編エロ補完もの。香澄のはこれの主人公ってこういうキャラだよなということが改めてわかる内容です。凌辱ルートのバッドエンドが萌えるキャラなのに亜衣と同じく純愛ルートの延長なのはちと残念。最後の一つは本編のアナザーって感じのハーレムネタ。名前だけ登場の刹那が都合良く使われてます。母乳にふたなりと本編に欠けていたのが補完されていて、結局のところこれが一番面白かったのはどうしたもんかと。
CG は差分を入れて亜衣 18 + 香澄 21 + 三人 26 の 65 枚、差分を抜くと亜衣 8 + 香澄 7 + 三人 9 の 24 枚。今回は本編で気になったグラデーション部分のモアレも無く、綺麗なもんです。しかし音声は録音バランスがキャラ毎、シナリオ毎にバラバラで、しかもそれらが混ざっていますので小さすぎて聞き取れなかったり大きすぎたりするのがあります。さらに登場キャラ 3 人はフルボイスの筈ですが 4 つほど再生されないのがありました (バックログ中でも再生不可能) 。
壁紙は 8 枚、サイズは 800*600 と 1024*768 と 1280*1024 の三種。何故か全ファイルを収めた自己解凍アーカイブと個別 bmp の二つで収録されています。
ボイスドラマは全て WMA v9 で収録。亜衣のが 96kbps 1-pass CBR で 30 分 9 秒、香澄のが Quality 50 1-pass VBR で 17 分 1 秒、霧子のが Quality 50 1-pass VBR で 44 分 26 秒。亜衣のだけ何故か CBR で容量大きめ、なのに音が割れ気味です。中身は妙にタイムリーなネタが入ってたりもしつつも一応はエロネタってことで。
ミニゲームは 15 パズルと落ちてくるのを拾う落ちものの二つ。クリアしたからといって書き下ろしの CG が拝めるとかはなく、本当に片手間で作ったと思われるミニゲームです。
スクリーンセイバーは既出絵を使った Flash 垂れ流しで亜衣のが 2 つ、優希のが 1 つ。これも片手間もの。
システムボイスは PCM 16bit 44kHz 1ch で各キャラ 24 ずつ。これも wav と自己解凍アーカイブの二形式で収録。
金・銀ムービーは広報の二人が宣伝とか語るオマケもの。MS-MPEG4 v2 320*240 、PCM 8bit 22kHz 1ch で 26 分 2 秒。
先日も書いた通り「WIND OF CRONUS」のフルコーラスは入っていません。デモムービーで最後のサビが使われたのは単なる客寄せだったということです。
各コンテンツの占有サイズは壁紙が 123 MB 、ミニゲームが 17.4 MB 、ムービーが 140 MB 、スクリーンセイバーが 1.37 MB 、プレゼンス NEXT DOOR が 296 MB 、システムボイスが 59.7 MB 、ボイスドラマが 47.4 MB 、残りは HTML とか Flash とかで合計は 696 MB 。
ケースは DVD トールケース、マニュアルはジャケットの裏を利用しています。そういえば「終の館」は紙パケでしたがコスト的にはトールケースよりも有利なんでしょうか。

よかったところ
本編のノリを継承したところと需要に応えたところ
わるかったところ
片手間コンテンツを入れる余裕があるなら OP ムービーの画質を上げるなり、OP 曲のフルコーラスを入れるなり、もう一人ぐらいキャラを入れとかしてくれた方が良かったかと

実売 2k ちょいですからコストパフォーマンスは悪くはありません。が、正直この程度なら本編に入れるべきだったとも思います。そもそも人気上位キャラに絞ったファンディスクなんて……あ、「千秋恋歌」なんてのもありましたか。でも「月陽炎」とは本編への不満の種類が違うので。値段を倍にしてでも刹那とかの削られキャラを何とかして欲しかったです。