ショコラ -maid cafe "curio"-

ブランド: 戯画
どれにしようか迷いに迷って結局喫茶店もの繋がりで。こちらは今までの経験と印象に忠実な喫茶店ものです。パティにゃんがむしろ異端でした。
ゲームデザインはよくある、一日二回ずつフロアや厨房といった場所へマップ移動して女の子の尻を追いかけ回すタイプです。が、困ったことに誰が何処にいるのかが全くわかりません。しかもエンカウント率が恐ろしく低く、ピアキャロのような SD キャラアニメを眺めてばかりです。とどめに期間はたっぷり三ヶ月。通常イベントに分類されそうなちょっとしたのが数回あっただけで何故か美里に告られてそのまま一周目は美里とバカップルエンド……というかエロだけエンド。最後に出たヒント通りに後半を進めても全く手応えがないので素直に最初からやり直して美里エンドへたどり着けました。前半の必須イベント無しでも告白イベント発生するなんてありですか。
美里に関わるイベントが非常に少なく、お話もあまりにありきたりなものなのでこんなもんかなと。ヒロインにみせかけてエロ担当って事は無いと思います。エロ担当といえば巨乳かメガネですから。
ちなみに二週目以降からはマップ上にキャラが表示されて「誰が何処にいるのか」はわかるようです。もちろんそこへ移動してもイベントはまず起きませんので気休めにしかなりません。唯一の救いは、連打しておけば期間の割には早く進むってことでしょうか。でもこの手の繰り返しゲームでテキストの既読判定が無いのは痛い。
コンシューマ移植版にでもイメージしたかのようなインターフェイスだけあってシステムは重く感じます。特にフォント周りの描写とか。
唯一希望が持てそうなのは香奈子さんぐらいかなと。こういうキャラクタだとは思いませんでしたので、後半戦で萌えそうな気がします。未だ未開封な抱き枕を買って良かったと今頃思いました。

コメントを残す