雑記

僅かな額しか手元に無いにも関わらず、郵便貯金はとうの昔に底をついてしまいました。これでは今週のえろげ戦線を勝ち抜けません。そこで「こんなとこともあろうかと」作っておいた UFJ の講座から少々引き出すことに。幸い、昼休み内に往復できる距離に UFJ の ATM もあることですし。唯一の問題は暗証番号をはっきり覚えてないということぐらいです。
初めて自分で作った講座ですから暗証番号はその場で適当に考えた完全にランダムな数字にしました。一般によく言われる、電話番号だの生年月日だの住所だのの数字を自分の資産を守る唯一の鍵に使うなんて理解に苦しみます。さらに言えば、数字で構成された僅か 4 桁の数値というのも神経を疑います。長さは最低 8 文字、英数小文字と数字、記号を入れるのはパスの基本でしょうが。
人間、ランダムな文字列の一つや二つぐらいその気になれば覚えられるもんです。無理であれば絶対に忘れないであろう文字列や数字から、シーザー暗号のように全く別の文字列を導く (もちろん手法はオリジナルのものが望ましい) ようにするだけでも幾分かセキュアにはなるはずです。失くしてから騒ぐならせめてそのぐらいはしましょうよ。
とか何とか偉そうな持論を持ってる自分が一つや二つのランダムな数字列を覚え切れていなかったという見事なオチがつきました。もちろん、メモを取るなんてするわけがありません。
完全にランダムといっても人間が順に思いつく数字っていうのは案外偏るもんです。曲がりなりにもそれなりの年数をつきあってきましたから、適当にあげるとしてどのような数字をまず思い浮かべるかはだいたい経験的にわかっています。これも厳密にはよくないのでしょうが、覚えられなきゃ話になりませんしここはちょっと妥協すべきかなということで。
こんな調子ですから悪くても三回ぐらい試せば当たるだろと挑んでみたものの、三回目で暗証番号間違いすぎの警告表示、六回目で「おそれいりますが、このカードではお取り扱いできません。窓口営業時間中にお申し付けください」と書かれた明細が吐き出されるようになってしまいました。つまり、間違えすぎたから利用不能にされてしまったわけですね。そりゃ確かに一日に六回も間違えれば怪しいわな。
少し足を伸ばせば一応、支店へ行けるのですがあいにく本人確認を行える公的な証明書は持ち歩いていません。というか私には保険証しかありません。しかも時間的にも無理。
てことでどう足掻いても纏まった福沢さんを手にできるのは月曜以降に。目の前に見えた消費者金融の看板なんぞ無視無視。
調べてみると土曜日にもやっている店舗もあるようですけど、わざわざ新宿まで交通費出して行くのも阿呆らしい。しかも (通常業務とは異なるため) 本人確認が行えなかったらさらに阿呆。
ちょっと手元が不安でもきっと人間なんとかなります。

コメントを残す